履歴書の書き方

履歴書の書き方についてのアドバイス

まずは履歴書用紙を買いに行こう
最近は就職雑誌や求人雑誌にも履歴書が添付されていることもありますが、当社への登録の際にも履歴書をご用意いただきます。
この時『自分にあった履歴書』があることは意外と知られていないようです。
履歴書は「パッ」と見たときの第一印象をできるだけ良くするように書いていただきたいところです。
第一印象を良くするコツのひとつは、履歴書にできる限り『空白ができない』種類のものを選ぶことが大事なのです。
市販されている履歴書には、新卒用、アルバイト・パート用、転職用などがありますが、これを使わなくてはいけない!と決められたものではありません。
使い慣れた筆記用具を用意しよう
「字は人を表す」と言いますが、採用側は『字の雰囲気』から人となりを見ようとします。
また、紹介派遣では面接・面談前に履歴書を紹介先に提出することもありますが、そんなとき、あなたの情報はもとよりまず字を見ます。
きれいに書ける人、字に癖がある人、誤字脱字がある人、字がだだくさな人、サインペンが黒でない人、サインペンが悪く字が薄い人、、、さまざまですが、やはり、履歴書はあなた自身を表す大切なツールです。
履歴書を1枚仕上げるにはかなりの労力が必要ですが、筆記用具にも気を使い、例えば1種類の筆記用具で全てを仕上げるのが基本です。

途中で文字の太さが変わったりしてはマイナスの印象の書類になってしまいます。
時折、提出日を示す日付だけが違う筆記用具で書かれている履歴書を拝見します。これでは『履歴書を書きためておいて、日付だけあとで書き足した』ことをばらしているようなものです。(これは登録時のみならず、派遣先へのマナーでもあります。)

字に自信がない人はワープロ打ちがいいかと思います。それだけでもワード(Word)などパソコンのスキルがあると見てくれます。最近では、エンジニアはワープロ打ちの履歴書を作成される方が多いようです。

写真は読み手が一番初めに注目するポイント
採用側は募集に対して「この応募者はどんな人なのか?」をどこよりも先にまず『写真』でチェックします。急いでいて写真を貼り忘れたり、スナップ写真を切り抜いて貼ってこられる方もしばしば見えますが、たとえ、短期間の派遣でも、パートやアルバイトでも、写真はしっかりと撮りたいものです。
最近はスーパーの前などに証明写真のボックスがありますが、なかなか上手く撮れないこともありますので、特に紹介派遣のケースではプロの写真店で撮ってもらうことをお勧めします。写真店ならライティングもしっかりしておりますし、髪型、姿勢などにもアドバイスをしてくれますので、仕上がりがとてもきれいです。
服装は職種にもよりますが、基本はビジネス仕様が一番。女性なら形がしっかりした濃い色の服装ですと、コントラストがハッキリ出て写真の全体が引き締まって見えます。

表情にも気をつけましょう。表情は柔らかくし、笑っている顔やにらみ付ける顔、また、女性の濃いメイクはやめましょう。金髪は絶対にNGです。
さらに、3ヶ月以内に撮影した写真を使うこともマナーです。

読み手の立場を想像しよう
「とりあえず空欄を埋めただけ」といった印象を与える履歴書が多いことを残念に思うときがあります。
 「派遣登録だからとりあえず」といった気持ちの方が大半かもしれませんが、履歴書はあなた自身を企業に売り込む最大のツールなのです。だからといって、むやみに空欄を埋めつくすことで必死になってしまう人がしばしば見えますが、これでは逆に、体裁は整っても読み手の立場を考えない履歴書になってしまいます。採用側はそんな履歴書を見て「自分本位」と判断することもあります。読み手の立場に立って、自分という人間をできるだけ正確に想像してもらうようにするにはどう書けばいいかを考えましょう!
  • 氏名、住所、電話等の基本情報を略さない
  • 最終学歴は必ず書く
  • 職歴欄は履歴書の最大のアピールポイント(これまでどんな会社で、どんな仕事をし、どんな結果を出してきたのか具体的に書くことよりアピール度が増します)
  • 資格・免許はアピール度の高いものを中心に書く(知名度が低い場合は内容や難易度を「その他特記すべき事項」に書いてもかまいません)
  • 趣味・特技では採用者を「おっ」と思わせましょう!(面接時の話題づくりにもなります)
志望動機とは「何がしたいのか」「何ができるのか」
志望動機欄には何を書けばいいのか悩むこともあるようですが、書き方としては「自分はこれまでこういう仕事をして、こういう実績を出した。今後はこの経験を生かしてこういう仕事をしていきたい。」といった流れがベストです。当社に登録する際には、「この人は一番何をしたい?」といったことをポイントにします。その希望内容は、派遣先に伝える事項としてもっとも重要なポイントです。
以下は、絶対に書いてはいけないフレーズです。
  • 「御社の将来性と安定性に魅かれて」 ・・・使い古された表現の一つ
  • 「一生懸命がんばりたい」「仕事への情熱は人一倍持っています」・・・精神論は抽象的で、説得力がありません
  • 「御社の業務に興味を持ち」・・・応募する会社の業務は興味があって当たり前です
  • 「御社と共に私も成長していきたい」「未経験なので御社で学ばせていただきたい」・・・会社は学校ではありません
本人の希望欄には
希望職種、出勤可能日を記入する際には、やたらと『本当の希望』を書いてはいけません。
 当社には別途登録用紙がありますので、そちらには本当の希望を書いていただいても結構ですが、履歴書上では例えば「年収は○○○万円以上を希望」「残業はできません」「通勤時間○○分以内」などの表現はマイナス評価になります。もちろん、育児や介護等で時間の制約がある場合は、派遣先によっては可能なケースがありますから、履歴書に書く前に当社コーディネーターにご相談ください。